社会

安倍首相が乗った政府専用機でぼや騒ぎ!ボヤの原因、ケガ人は?

大事に至らなかったようでよかったですが。
現場の状況、ボヤの原因について情報をまとめました。

政府専用機でボヤ騒ぎ?バンコク行きの飛行機内で

 安倍晋三首相らを乗せ、タイ・バンコクに向かっている政府専用機の機内で3日午後、ぼや騒ぎがあった。すぐにおさまり、首相や乗員乗客にけがはなかった。予定通り目的地へ飛行するという。

 専用機には、東南アジア諸国連合(ASEAN)関連首脳会議に出席する首相らが搭乗。3日午後に羽田空港を出発した。離陸後1時間ほどたったとき、機内後方で異臭が発生し、「機体最後方の調理オーブンでぼやが起こり、ただいま初期消火しております」とアナウンスが流れた。煙などは出ず、異臭もすぐに消え、約10分後には「ぼやは鎮火しました」と再びアナウンスがあった。

 機体は米ボーイング社の「B777―300ER」で今年4月に運用を始めた。航空自衛隊が運航している。日本時間の3日夜にバンコクに到着する予定。

出典:朝日新聞

政府専用機のぼや騒ぎ、怪我人はなし。予定通りバンコクへ

大きな問題ではなかったようでよかったね。しかし、ぼや騒ぎが起こった機体でそのまま向かうのもちょっと不安かと。。

ぼやの原因は調理オーブン?政府専用機内で消化活動

機内に異臭がし始めたって怖いね。エンジントラブルかと思っちゃう。
調理オーブンなんてあるんだね。全部地上で作るものだとばかり思ってた。
原因もすぐに分かったようでよかったね。調理オーブンのトラブルが原因で政府専用機が引き返すってなったらちょっと残念な印象だし。。

政府専用機は予定通りバンコクへ。原因のオーブンは問題なしか

この先のフライト中も使うことはないのかな?まあ怖くて使えないし、やめた方がいいと思うけど。

ケガ人、フライトにも影響はなかったようでよかったですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。